病院での薄毛治療について

subpage01

男性特有の症状と思われがちですが、女性にも薄毛の症状は加齢やストレス、ヘアケアの悪さなどによって引き起こされます。



男性と比べて女性の薄毛は改善しやすく、セルフケアでも治すことができるとされています。

しかし、ケアをしても治せないというケースもありそんな場合には、病院での薄毛治療が効果的です。

T-SITEの専門技術を身につけましょう。

病院での薄毛治療はまずカウンセリングから始まります。

現在の状態や悩みについてなどを医師と相談した後、治療の必要性や治療の方法などの説明があります。
他にも自分でできる改善につながるシャンプーの仕方やドライヤーの使い方などのアドバイスをしてもらうことができます。薄毛治療では主に薬やサプリメントなどで改善していったり、生活習慣などに対してもアドバイスが行われます。

薬は発毛や育毛作用のある内服薬を服用することによって、抜け毛を改善したり発毛を促すことができます。


女性特有の薄毛を改善する薬が使用されることが多いですが、即効性があるわけではないため半年〜1年程度の長期的な服用が一般的だとされています。

また、塗るタイプの育毛剤が処方されることもあります。


髪の毛に必要な栄養素を外側から補うことで毛根を活性化させて育毛を促進させます。

生活習慣や薬の服用でも改善しない場合んは、成長因子を直接頭皮に注射してダイレクトに発毛を促す治療方法もあります。

様々な方法がありますが、改善するには自分に合った方法で行うことが大切です。